0001

仕事を生活にすること≒プロとしての働き方

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る

おはようございます、こんにちは、こんばんは!
いつでも全力投球、心は青春、身体はおっさんのきららです。

 

ワークライフバランスについて書きますが「ワーク&ライフ」を切り分けて最適化するのではなく

「ワーク&ライフ」を全部まとめて最適化したほうがええねん!ということを書きます。

WORKLIFE

 

今日はライフハッカーの記事を例示させていただきながら
働くこと、働き方、好循環を生み出すコツを、徒然と。

では、まずかっこいい、ライフハッカーの記事の引用から!

休日に仕事するのはやめよう

休日というものは希少だからこそ貴重です。それにもかかわらず、多くの人が仕事の遅れを取り戻すため、いとも簡単に休日を仕事のために費やしてしまいます。もう、そんなことはやめませんか?

参照: http://www.lifehacker.jp/2015/04/150425stop_working_holiday.html

 

さて、近年よくワークライフバランスなんてものを口にする方々がいらっしゃいます。

そして、大抵履き違えていて、残業しなきゃならないことへの不平や不満を二の句で出してくる人が多いように感じます。

私は元々フリーのウェブ制作を生業にしていたので、休日なんてないのはそもそも当たり前でした。

営業、受注、制作、納品、改修、請求、支払いなど全てこなしていたので休みはなくて当然でした。(つらかったのでやめましたがww)

 

ただ、好きなように働いていたので、「残業が」なんてことは考えたことがありませんでした。

 

フリーランスの頃のスケジュール(土日なし)

朝起きたらMacを立ち上げて、情報チェックしてメール返して、一日のタスクをまとめて

それから歯を磨き、朝ごはんを食べて、もう一回歯を磨いて、お風呂にゆっくり入り

午前中に出来るだけ作業は終わらせて、ランチは人と食べて、午後は営業をする

夜になったらほとんど毎日誰かと会って、仕事の話や遊びの話をしながら、営業ww

そして、飲みつかれたら帰って寝る(あるいは朝まで飲む)

 

たまに、旅行に行きますが、国内の電波のいいホテルに泊まり

ビーチやプールサイドでも同じ生活を繰り返していました。

 

ただただ、この繰り返しです。

生活に使う時間以外、全て仕事に関連のあることをしていました。

そのことがビジネスの相関関係を促し、好循環が生まれました。

 

仕事をすること≒暮らすこと

 

そのことが実感値として理解できたのは非常に貴重な経験でした。

 

 

まだまだ甘い、ブラック企業の若いワーカー達

私のビジネス基礎をかたどっているのはそう言った習慣なので

いわゆるブラック企業のメンバーと話していても、「愚痴言ってるだけ」にしか聞こえません。

 

「楽しくないなら辞めればいいし、その実力がないなら現状を楽しんでみたら?」

そう言うと、その場は急激に冷めたので、お酒をあおって退席しました。

 

そんな酒は美味しくない!

 

なので私はそういうことを酒の肴にする人とは乾杯したくありません。

そういう話は、転職エージェントに話せばいい。

きっと解消されることのない不満を社会に言い続けることになるんだろうなと思います。

 

置かれている環境に不平・不満を言うのはめちゃくちゃ簡単

今の環境を楽しみながら生きる人と私は一緒にいたいです。

 

 


  サラリーマンになって週休二日に!ただし、休日は休みじゃないww

0001

ある国では、日曜日の労働禁止が法律で決められているそうです。

それはそれで、いいことなのかもしれませんが

日曜日にコンビニが開いていなかったら私は嫌です。

 

 

 

私達の国では、土日も、深夜も働いている方が大勢います。

また、土日が休みの企業だからといって、日曜日に働くと罰則があるわけでもありません。

※タイムカードは切らない!

 

そんな世界なので、こんな不文律があります。

 

「止まれば後退、1歩で0歩」

 

土日に2歩ずつ遅れていく人と

土日でも最低限の更新をする人では

歴然とした差が出ます。

 

このことを知っている人は、土日を無駄にしません。

生活と仕事を、きちんと人生として捉えることができているから。

 

プロのアスリートは、1日練習をサボるとその遅れを取り戻すのに3日を要します。

プロのアーティストは、創作のためなら寝る間も惜しみます。

 

Webを生業にしてから、パソコンを開かない日は一日もないし

朝目覚めれば自然と情報収集をスタートしています。

 

これは、業界の改変のスピードからくる防衛策でもありますが

こうしたことを日常の習慣に落としこむことで

「仕事を仕事としてこなすのではなく生活の一部として摂取する」習慣が出来ます。

この状態をコンスタントに保ててることが、プロとして働く第一ステップと思います。

 

私の場合、フリーランスの経験から

「仕事がない状態の恐怖」を嫌というほど味わってますので

仕事しないと不安になる、ある種のサイコパスですがwww

 

また、パソコンを見つめながら、ああでもない、こうでもないと

毎日1時間は悩みます。それがどんな問題であれ。

(時には音楽を作ったり、動画を編集したり、、、)

 

「習慣作り」はあらゆる仕事の基礎であり、セルフマネジメントの根本といえます。

 

強い習慣を身に着けることが人生を変えます。

 

ワークライフバランス云々の前に、基本的なビジネススキルを身につけられていないために

損をしている人が多いなぁと感じるので。

 

自戒もかねて。

サラリーマン、頑張りましょうww